車売却前に知っておきたい税金等の還付

e8701d7b30d97b211ec2b4def03446c9_s

新車購入時に支払った税金などは還付されるのか?

新車購入時には、車体価格のほかにも、「自動車税」や「自動車取得税」「自動車重量税」「リサイクル料金」など、さまざまな費用がかかります。

車体価格以外のそういった費用をまとめると、結構な費用になるものです。

ですから車買取によって車を手放したときに、それが還付されるのかどうかというのも非常に気になる問題です。

まず自動車税ですが、これは還付があります。

自動車税は排気量で課税額が異なり、乗用車であれば以下の様になります。

・1.0L以下 29,500円

・1.0L超え~1.5L以下 34,500円

・1.5L超え~2.0L以下 39,500円

・2.0L超え~2.5L以下 45,000円

・2.5L超え~3.0L以下 51,000円

これ以上の排気量であれば、さらに自動車税は高くなります。

自動車税は1年分を一括で支払いますので、車を買取に出した場合には、月割で還付金を受け取ることができます。

しかし、買取業者を通して取引した場合、その還付金を後から別に受け取るというのではなく、売却代金に還付金が含まれる形になることが多いです

なお軽自動車税に関しては、こうした還付が元々ありませんのでご了承ください。

では続いて、自動車重量税や自賠責保険料、リサイクル料金の還付について説明していきます。

自動車重量税・自賠責保険料・リサイクル料金の還付

新車購入時および車検の際には、自動車重量税、自賠責保険料というものを支払うことになります。

これらは新車購入時に3年分、継続車検の際には2年分を一括で支払うものです。

しかしながら、これらは上記の自動車税とは異なり一般的には還付金は発生しないものと考えてください

ただ車を廃車にすることになった場合、「自動車重量税の廃車還付制度」が適用される可能性がありますので、その際には還付金について業者の担当者によく話を聞いてみましょう。

次にリサイクル料金の還付についてですが、これは還付金があります

ただこれも、上記と同様に売却代金に含まれるケースがありますので、どのような還付方法を取っているのかをあらかじめ聞いておくと安心です。

廃車にする際の還付について

上記でもちらりと触れましたが、車を売却する場合と車を廃車にする場合とでは、還付の形に大きな違いがあります。

そこでここからは、廃車の際の還付について説明していきます。

廃車の場合、還付金を左右するのは「廃車方法」です。

廃車の方法には以下の様な種類があります。

・一時抹消登録

一時的な廃車を目的とした場合、この方法を選びます。

もしもう一度この車に乗りたいと思えば、申請することができます。

申請が通れば、日本国内でその車を再度利用できます。

・永久抹消登録

国内で車を解体する方法です。

スクラップにしてしまうので、再びその車に乗ることはできなくなります。

・輸出抹消登録

この方法で抹消登録された車は、海外に輸出されます。

しかしこの登録を行った以上は、国内で再びその車に乗ることはできません。

年度の途中や車検の残りがある中で、このいずれかの方法で廃車にした場合、各方法に応じた還付金を受け取る事が可能になります。

一時抹消登録もしくは輸出抹消登録によって廃車にした場合、「自動車税」「自賠責保険料」「リサイクル料金」の還付があります。

また永久抹消登録によって廃車にした場合は、「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」の還付があります。

しかしながら、こうした還付を受けるためには申請をする必要があります。

自動車重量税の還付申請に関しては、廃車の申請と同時に行なう必要があるため、廃車手続きの際に担当者へ確認することが大切です。