修復歴の嘘は隠し通せない!メリット皆無の嘘はやめよう!

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_s

事故による車体の修復歴は隠してもムダ

自動車事故によっては車を買い替えるしかないまで車がダメージを受けることもありますが、一方でちょっとした接触事故であれば車を修理に出すというケースも多くなります。

そういった車の修理歴は「修復歴」と言われますが、この修復歴の有無というのは車買取の結果に非常に大きく影響します。

このため、「とてもキレイに直っているから言わなければバレないだろう」という思いから修復歴を告知せずに査定を受ける方がいますが、修復歴というのはまず間違いなく査定士が発見します。

前述のとおり、修復歴の有無というのは中古車の価値を大きく左右する要素なわけですから、査定士としてもそれを見落としてはならないという気持ちがあるため、非常に慎重に修復歴の有無をチェックします。

上記のように、素人判断だと「キレイに直っているから大丈夫」と思いがちですが、査定士から見るとそのあまりにもキレイすぎる仕上がりがかえって怪しく見えるのです。

このため、ほとんどの確率で車の修復歴は発覚します。

告知義務違反について

車の修復歴を偽った場合、「告知義務違反」を問われる可能性があります。

修復歴を知っているにも関わらずその申告を怠ったことが査定によりわかった場合、“事後減額要求”をすることが可能になります。

つまりこの要求が通れば、後で査定額が減額されてしまうということです。

その減額幅によっては、正直に修復歴を申告したときよりも査定額が下回る可能性すらありますから、査定額に響くからと修復歴を隠したことでかえって損をしてしまう可能性すらあるのです。

このように、修復歴を隠すことによるメリットは皆無なわけなので、修復歴があったとしたらそれを正直に申告するようにしましょう。

修復歴を偽ると、交渉も難航する

査定中に修復歴の嘘が発覚した場合、車買取が上手くいかなくなる可能性も出てきます。

査定士も人間ですから、嘘をつくような信用の置けない人物の願いは当然聞き入れたくありません。

ですから本来であれば上手くいくはずだった査定額アップの交渉がまったく上手くいかなくなるという可能性もあるのです。

また場合によっては、車買取をキャンセルされることもあります。

そうなるとまた業者選びをしなければならないため、手間も増えてしまいます。

修復歴の嘘により、後日差額分を請求されるのもいくら自業自得とは言え後味の悪い話ですし、場合によっては請求額の多さから借金をしなければならないなど、思わぬトラブルに発展する可能性も考えられます。

車買取によるトラブルを避けるためにも、修復歴の嘘は絶対にやめましょう。

業界では「事故車」という言葉は使われない

では最後は、これまでとは少し違った方向性の情報をお届けします。

車買取について調べていると「事故車」という表現をよく目にするはずです。

しかしながら、この事故車という言葉は車業界では使われていません。

業界では事故車ではなく「修復歴車」という言葉が使われます。

今回紹介してきた情報でも「事故歴」ではなく「修復歴」という言葉を意識的に使ってみました。

さてこの修復歴車についてですが、これには何か定義があるものなのでしょうか。

「自動車公正取引協議会」「日本自動車検査協会」「日本中古車自動車販売商工組合連合会」という3つの組織では、修復歴車の定義として以下の様な統一基準を定めています。

1.フレーム (サイドメンバー)

2.クロスメンバー

3.インサイドパネル

4.ピラー

5.ダッシュパネル

6.ルーフパネル

7.フロア

8.トランクフロア

9.ラジエータコアサポート

1~8の部位のうち一箇所でも修理している箇所があれば修復歴車とみなされます。

また修理に出したことがなくても、該当箇所に傷があれば修復歴車となります。

9の部位に関しては、部品交換および隣接の骨格部位に凹みや修復跡などが見られれば、修復歴車と判断されます。

このほかにも細かな条件があるので、素人が修復歴車の定義を完全に把握するのは少し難しいかもしれませんが、知識として頭に入れておいて損はないでしょう。