中古車市場での人気色・不人気色

c2630fba0c5954abfc875cc34d7a72c0_s

ボディカラーでも査定額は左右される

街を走る車を見ていると、「こんな色の車もあるんだ」と驚かされることも多いですよね。

それくらい、ボディカラーの種類というのは非常に多くなっています。

車種によってボディカラーの種類は異なりますが、中には10個ほどのカラーバリエーションを取り揃える車種もあります。

そのような車種だと、ボディカラーを選ぶ楽しみというのも出てくるわけですが、もし車査定のことを考えるのであれば中古車市場における「人気色」を反映させて色選びをしていくといいかもしれません。

中古車市場では、トレンドに左右されず買う人を選ばないような「無難なボディカラー」が好まれますので、「ホワイト」「ブラック」「シルバー」の3色がやはり安定した人気があります。

昔に比べると車のカラーバリエーションが豊富になったとは言え、選ぶ人が多いのはやはりホワイトなどの無難なボディカラーなのです。

車買取業者としてもその人気を反映させた上で査定額を決めていますから、特殊な事情がない限りは、同じ車種ならカラフルなボディカラーよりも無難なボディカラーのほうが査定額がアップします。

カラフルなボディカラーの車は売れやすい車でもある

車のCMには、レッド・イエロー・グリーンといった、カラフルな色の車が登場することが多いです。

カラフルな車のほうがCM映えしやすく見る人の印象にも残りやすいですし、そうやって印象に残れば購買意欲もそそられるものです。

そのようにして印象に残った車というのは「売れやすい車」でもあります。

「カラフルな車はちょっと…」と避ける方もいますが、一方でカラフルな車に魅力を感じる方も少なくありません。

そして、そのカラフルな車もいずれは中古車市場へと並ぶことになります。

しかし、カラフルなボディカラーというのはトレンドの影響を受けやすいため、新車販売店では売れ筋だったカラフルな車が中古車市場では売れにくくなるという現象が起きてくるのです

カラフルなボディカラーは中古車市場では不人気色と言われることが多いのには、こうした理由が関係しています。

特に女性はカラフルなボディカラーに弱い

ボディカラーにこだわりを持つのは、比較的女性に多いです。

女性はかわいいものに弱いですから、かわいいと感じられるボディカラーがあればそれに乗りたいと思うものです。

中古車査定のことを考えれば、なるべくなら無難なボディカラーを選びたいところですが、「車を買うときから売るときのことを考えるのは嫌だ」と思うのであれば、自分の好きなボディカラーを選びましょう。

車はしょっちゅう買い替えるものではないですから、自分が気にいるボディカラーの車に乗ったほうが気分がいいですよね。

それに今後、中古車市場での需要に変化が生じる可能性も否定できません。

今後はカラフルなボディカラーも評価されるようになるなんてこともありえるので、そういった期待を持ちながらボディカラー選びを楽しみましょう。

ボディカラーに退色が見られるケースも

プロが丹念に塗装したボディカラーも、退色することがあります。

数あるボディカラーの中では「レッド」が退色・変色しやすいと言われています。

なぜならレッドは紫外線を吸収しやすく、その影響を受けやすいからです。

仮に退色したとしても、その変化に気づかない可能性も十分ありますが、同車種・同カラーの新車と比べてみるとその変化がわかるかもしれませんね。

しかしこの場合、査定前に塗装し直す必要はありません。

全塗装するとなると、かなりの費用が必要になるでしょうから、かえって損をする可能性が高まります。

ですからもしボディカラーの退色や変色が確認されても、そのまま車査定に出しましょう