車検の期限が切れそうな車は車検に出すべき?

5c2bc167acf52443bff8589af261c6a6_s

車検の期限が迫っている場合の対処法

車買取に出したい車の車検の期限が残りわずかという場合、「車検に出してから査定してもらったほうがいいのでは?」と思う方もいるかもしれません。

ですが実際は、車査定前に車検に出すメリットは皆無と言っていいでしょう。

車検に出したばかりの車と車検の期限が迫っている車とでは、前者のほうが査定でプラスの評価を得られます。

しかし、そのプラス評価を得たいがために車検に出したとして、その車検費用以上のプラス評価を得られる可能性はまずありません。

つまり、せっかく車検費用を支払ったにも関わらず、それをペイできない可能性のほうが高くなってしまうのです。

こうした現実があるので、もし査定してもらう車の車検がほとんど残っていなかったとしても、そのまま車買取業者に査定してもらってください。

車検を安く通す術は業者のほうが知っている

車査定前に車検に出すことの旨味がほぼないのは、車買取業者が車検を安く通すことに熟知していることも関係しています。

車買取業者はその道のプロなわけですから、車検費用をなるべく安く済ませるのも容易なのです。

だからこそ、車検の残りがたっぷりあろうがなかろうが、それは業者にとってはあまり大きな問題ではなくなります。

車検費用に限らず、査定前に車に対してコストをかけるのはあまり得策ではありません。

かかったコスト以上のプラスを得られるという保証があればいいのですが、残念ながら車買取においてはそういった保証はなく、場合によっては大幅に損をしてしまう可能性もあります。

例えば、車検の期限が迫っているから車検に出す、ボディの凹みを直したいから修理業者に頼む…といったことをすれば、結構な額がかかってしまいます。

そのようなコストがかかればかかるほど、損をする可能性は高くなると言えます。

それに車検に出したり修理業者に頼んだりというのは手間でもありますから、そのような、言ってしまえば無駄な手間は極力省くべきでしょう。

交渉術を駆使して査定額アップを狙う

車買取業者にとって、車査定において車検というのは重要な要素ではないということ先ほどお話しました。

車買取業者が求めるのは、「中古車をできるだけ安く購入すること」です。

これは中古品を販売している業者なら、どこでも同じですよね。

このように、仕入れ値をできるだけ安くして利益を増やすことが狙いなわけですが、あまりに安い査定額をつけてしまえば利用者から売却を見送られてしまう可能性も出てきます。

購入のチャンスを失うというのは車買取業者にとっては何よりも避けたいところですから、車査定の際にはその業者の弱みを突いて交渉に臨んでいきましょう。

しかし、この交渉にもコツが要ります。

ただ闇雲に「もう少し高くなりませんか?」と言って成功したとしても、それは良い交渉とは言えません。

なぜならその査定額が適切でなければ、交渉が成功していても安く買い叩かれていることに変わりはないからです。

売却したい車の査定額の相場というものが掴めていないにも関わらず、そういった交渉をしてしまった場合、そのような失敗を招きやすくなります。

これを防ぐためには、その相場を理解することが大切です

そんな相場のリサーチに使えるのが「一括査定サイト」です。

車買取業者に一括で査定依頼をできるサービスを提供しているサイトが、ここ最近では多くなっています。

そういったサイトに登録すれば、無料で最大10社程度の一括査定ができます。

ネット上で査定対象車の概算価格がわかるタイプのサイトを利用すれば、査定額の相場や最高額というもののおおよそを簡単に把握できるので、それを知ってさえいれば車査定において「具体的な交渉」をすることが可能になります。

査定額に納得がいかなければ、「A社は○○万円って出してきたんですけどね」というような発言をしてみましょう。

そうすれば「じゃあその値段で!」というように、査定が良い方向へと進む可能性が出てきます。