車の委託販売はデメリットが多い?

85163ee7eb41846b09454d2d16b87cf0_s

車を委託販売するという方法

車を手放す際の選択肢としては車買取業者を利用する方法や下取りに出す方法などがありますが、そのほかにも「委託販売」という選択肢があります。

この方法では、中古車販売店(車買取業者が委託販売を行なうことも)に販売を委託しその車が売れたらその代金を受け取ります。

買い手が表れるまでは、販売店側に保管料や管理料を支払うことになります。

委託販売を利用し、すぐに車が売れれば、車買取業者に売却するときよりも自分の取り分が増える可能性が高くなります。

しかしながら、そうすぐに買い手がつくとは限りません。

車が売れない場合は、店側から販売価格を下げるよう言われます。

しぶしぶそれに従ったたとしても売れる保証はなく、もしもう売れないと諦めれば店側が買い取ることになります。

売れない車を買取ってもらえるだけありがたいと、そのときは思うかもしれませんが、なかなか売れない車を買取るわけなので買取額には期待できるはずもありません。

最初から車買取業者に売却するのと比べれば、時間が経っている分買取額は安くなってしまいます。

委託販売は店側にとっておいしい仕組み

車を手放すことになったとき「委託販売してみよう」という方がほとんどいないのは、委託販売という方法にはユーザー側のメリットがあまりないためです。

一方で、委託販売は店側にとってはメリットの大きい仕組みと言えます。

・買い手がつかなくても保管料や管理料を得られる

・売れなければ安く買い取ることができえる

・消費者が諦めて委託販売をやめても、保管料等が得られるので問題ない

このように、委託販売はユーザーにとってはリスキーでも、店側にとっては低リスクで収益を得られる方法であると言えるのです。

しかも悪質な店だと、買い手が見つかってもそれを売り手に伝えず、「保管料等の問題がありますので、よろしければ買い取りますが…」などと嘘を言って安く買い叩くなんてことをしているようです。

車買取業者を利用する際もこうしたトラブルに巻き込まれる可能性はあるわけですが、委託販売を利用した上でトラブルに巻き込まれれば、金銭的な損失はより大きくなると考えられます。

委託販売で保管料が発生しないケース

最近は委託販売の利用者をもっと増やそうという狙いで、買い手がつくまでは売却予定の車に乗り続けられるという特長を持った委託販売も存在します。

このタイプの委託販売だと、利用者には保管料が発生しないというメリットがあります。

ただそれでも管理料がかかりますし、買い手がつかなければ安値で買われてしまうというデメリットがあるのは変わりません。

こうしたデメリットの多さやリスクの高さから、委託販売を選ぶ方はとても少ないのが現状です。

「委託販売にしてよかった」という経験をされた方がいないとは言いませんが、委託販売のデメリットが気になるという場合には、ほかの方法で車を手放すことをオススメします。

その「ほかの方法」の中で2つの柱となるのが、車買取業者を利用する方法下取りに出す方法です。

これらを比較した場合、「どちらが高値がつきやすいか」というのが気になりますが、車買取業者を利用して車売却をしたほうが高値がつくことが多いので、少しでも高く売りたいという方にはそちらの方法をオススメします。

また、車買取業者を利用する際には業者間の比較が重要です。

そのためには車一括査定というサービスを利用してみましょう。

業者ごとに積極的に買い取りたい車が異なることもありますので、そのような事情が絡み合うと、同じ車でも業者ごとで査定額が20万円以上変わるなんてこともあるのです。

だからこそ、比較をして最高値の業者を見つけることが大切です。