車と長く付き合うためのコツ

長くなった車の寿命

車は高い買い物ですから、一度買った車にはできるだけ長く乗りたいものです。

また、そのデザインや走行性能などに惚れ込んで買った車なら、少しでも長くその車と付き合っていきたいと思うものです。

昔であれば、車の寿命はせいぜい10年程度、あるいは走行距離10万kmを超えるとアウト…などと考えられていましたが、車は年々性能が良くなっており、部品交換などを行えば10年以上乗り続けることも可能です。

走行距離についても、仮に10万km以上を超えた場合でも、タイミングベルト等の交換によって車の寿命を伸ばすことができます。

「車査定で良い結果を」と思えば、走行距離が長くなる前に手放すのがオススメですが、そうでないのならこうした車の使い方も素敵です。

車の寿命を左右する乗り方

いくら車の寿命が長くなったとは言え、その寿命を縮めるような乗り方ばかりしていては車が早くダメになってしまいます。

車にとって負担が大きい乗り方としては、以下の様な項目が挙げられます。

・急発進、急加速

・急ブレーキ、急ハンドル

・車の使用頻度が極端に低い

・キズや凹みを放置する

急発進や急加速などは、安全運転の観点からも好ましくありません。

車の寿命を伸ばすような乗り方としては、「自動車教習所での乗り方」を実践するのがいちばんです。

もちろん、教習所のときのような乗り方だと周りの車から煽られる可能性大ですが、ゆっくりとした発進や、徐々にブレーキをかけていくというような運転テクニックは、日常でも心がけるべきことです。

そういった点を意識すれば、車にとって優しい運転をすることができます。

また、常に車をほとんど動かさずにいるようだと、タイヤやゴムブーツなどのパーツの劣化につながりますし、エンジンさえかけない期間が続けばバッテリー上がりの心配も出てきます。

車の使用頻度が低ければ、その分寿命の伸びると思う方もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

そしてボディのキズや凹みを放置したまま車に乗っていると、そこから腐食が進んでしまいます。

車査定前であればわざわざ直す必要はないですが、そうでなければ早めに直したほうが車の為になります。

定期点検を受けることも大切

車検以外に車の点検をする機会がないという方も多いでしょうが、車の寿命などを考えれば定期点検を受けることは大切です。

定期点検には、6ヶ月点検法定12ヶ月点検とあるのですが、後者の法定点検を受けずとも罰則等はありません。

このため実際は車検のみという方も多くなっています。

しかし、定期点検を受けることで故障につながりかねない箇所を前もって知ることができます。

そうやって事前に修理をすることにより、車の寿命を伸ばすことが可能になります。

定期点検を行なう場合、「ディーラーか整備工場か」ということで迷うこともあるでしょう。

もし修理費用を安くしたい場合は、整備工場のほうがオススメです。

ディーラーですと純正部品との交換になるため、修理が必要になったときには費用が高くつく可能性があります。

一方整備工場では中古部品による修理が可能になりますので、修理費用の節約ができます。

ただディーラーで行なう点検の場合、「コンピュータ制御部分の診断」を行えます。

整備工場だとそれができないことがありますし、もしその部分に不備が見つかっても技術的な問題から修理ができないこともあります。

しかし、どちらで定期点検を行なうにしても、定期点検を行ってきた実績は車査定の際にプラスになりえます。

その定期点検の証となる整備手帳は、必ず保管しておきましょう。

車査定の際にはそれを持参し、定期点検を行ってきたことをアピールしてみてください。