新古車って何?購入するときの注意点は?

「新古車」という言葉は本来はNG

新車と中古車の間に位置する「新古車」。

しかし実はこの新古車という言葉の使用は、法律で禁止されています。

このため、新古車を取り扱う販売店などでは「未使用車」という言葉が使われているはずです。

この新古車には、「販売台数の水増し」を目的としてディーラー自らが購入したものも含まれています。

販売台数が一定数を超えたディーラーには、メーカーから報奨金が出されます。

たとえ自店買いによって販売台数が水増しされていたとしても、それは関係ありません。

そういった事情を知ると若干複雑な気持ちにならなくもないですが、新車同様の車が安く購入できるのは消費者としては非常に嬉しいものです。

ただ新古車として出回る車の中には、展示車や試乗車として使用されていたもの、新車オーダー後にキャンセルされたものなども含まれています。

販売台数の水増しによる新古車と、こうした理由による新古車とでは、購入希望者が感じる気持ちも違ってきます。

展示車や試乗車だと、多少なりとも他人が触れたり使ったりした車ということになるので、いくら新古車でもそれは避けたいと考える方も出てくるでしょう。

どういう経緯で新古車となったのかについては、スタッフに尋ねれば教えてくれるはずですので、購入を検討している際にはその経緯も事前に確かめるようにするといいのではないでしょうか。

新車とほぼ同額の新古車も

新車同様の車が安く手に入ると人気の新古車ですが、販売店としてはその需要の高さを理解しているため、新古車の状態によっては新車とほぼ同額で売り出されることもあります。

多少強気の価格設定でも売れやすいというのが、新古車販売を取り巻く現状です。

「新古車はお得!」というイメージがあまりにも強いと、大してお得ではないにも関わらず、あっさりと購入を決めてしまうなんてこともあります。

それを防ぐためにも、お目当ての車の新車販売価格を頭に入れながら新古車選びをすることが大切です。

また新古車によっては、走行距離が100km以上のものもあります。

今のところ新古車の定義はないわけなので、「走行距離が100km以上は新古車としてはいけない」といった決まりもありません。

そのような、新古車にしては走行距離が長めのものなら販売価格の安さに期待ができますが、その価格が妥当かどうかは一度冷静になって考えてみる必要があります。

新古車購入時の注意点

新古車を購入される際には、いくつか注意しておきたいことがあります。

まず上記にもあるように、新古車=未使用車とは言え、完全な未使用車であるとは限りません。

特にかつて試乗車だったものだと、走行距離が100km以上というケースもありえます。

そして新古車によっては、ボディにキズがついていることもあります。

新車同様であることが新古車の売りとは言え、当然何から何まで新車と同じというわけにはいきません。

また車を選ぶ楽しさというのも、新車購入時よりは劣ります。

現品限りの販売になりますから、お好みの色やグレードのものがあるとは限りません。

さらに新古車によっては、旧モデルである場合もあります。

ディーラーからすぐに販売店に流通するとは限りませんから、そのように型落ち品が販売される可能性もあるわけです。

新モデルでなくても別に構わないという方ならいいですが、そうでない方はその点にも注意しながら新古車選びを行っていくといいでしょう。

このような部分を意識していけば、おのずとより良い新古車選びができるはずです。

新古車を選ぶことのメリットも当然あるわけですので、「良い買い物をした!」と思えるように、今回紹介した情報を是非お役立てください。