車内&ボディの「キレイ」を維持するためのポイント

車内をキレイに保つために

車査定の際には、車内の様子もチェックされます。

シートに焦がした後やほつれた後などはないか、タバコのニオイはどうかなどは査定の対象にもなります。

ただ、そういった部分で問題がなければ、車内が汚れていようがそれによって査定額が下がることはありません。

しかしながら、車査定の交渉などのことを考えれば、やはり車内をキレイにしていたほうが印象が良いです。

そのために車査定前に慌てて車内の清掃をするのもいいですが、できることなら普段から車内美化を心がけることをオススメします。

車内美化のための工夫としては「換気」も非常に有効です。

車内は密閉空間ですから、窓を開けなければ中に入ったホコリなどのゴミが出にくくなります。

ですからこまめに窓を開け、空気の入れ替えを行いましょう。

車内にこまめに掃除機をかけるのは面倒かもしれませんが、こまめな換気であれば面倒ではないはずです。

こういった取り組みやすい部分から始めていくことも、車内美化のためには重要です。

車内美化のために揃えておきたいアイテム 

車内美化のために換気をすることは良いことですが、換気だけではさすがに車内はキレイになりません。

やはり汚れを切れに取り除くためのアイテムが必要です。

例えば、「ウエットティッシュ」「車用掃除機」は、車内美化のためには欠かせないアイテムと言えます。

ウエットティッシュの良いところは、車内のパーツに付着したベタつきのある汚れも拭き取ることができる点です。

また、車内で手が汚れる食べ物を食べたときには、食後にウエットティッシュで手や指を拭くことで車内の汚れを防ぐことができます。

そして何と言っても車用掃除機は、車内清掃においては大変頼りになる存在です。

車用掃除機を常に車の中に置いておけば、シートやマットなどを思い切り掃除することができます。

汚れが気になったらすぐに掃除をするという習慣がつけば、車内に汚れが溜まることもありませんから、車査定前に慌てて掃除をする必要もありません。

また車内美化のためには、シートカバーの利用もオススメです。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭だと、シートへの食べこぼしなどが心配ですが、撥水性のある素材を使ったシートカバーを付けていればそういった心配もありません。

最近の車にはこまめな洗車は不要?

車査定においては、洗車をしたピカピカな状態で見てもらうことも印象アップにつながるポイントではありますが、最近は塗装の性能が向上しているため、洗車しすぎるとかえってボディコーティングが損なわれる可能性もあります。

新車購入時には、「1~2年はワックスがけはお控えくださいね。」などと言われることもあるほどです。

せっかくの特殊コーティングがワックスによって剥がれないようにするため、そのように注意されることもあるのです。

一昔前だとカー用品店のワックスコーナーも充実していましたが、今はそれほどワックスに力を入れておらず、販売スペースも小さめです。

また特殊コーティングが施されていなかったとしても、洗車によってキズが付く可能性があるため、汚れが気になるとき以外は洗車を控えたほうがよさそうです。

もし洗車によるキズが気になるようなら、洗車機を利用するという方法もあります。

「洗車機のほうがキズがつくのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、最近の洗車機ですとスポンジなど柔らかめの素材が中心なので、手洗いよりもキズが付きにくい傾向にあります。

手洗いの場合、洗車で使用した水を拭きとっていかなければならず、その分キズがつくリスクが増えます。

一方洗車機ですと、風の力で水を吹き飛ばすことができるため、ボディへの接触を減らしながら洗車を終えることができます。