金利の値下げ交渉も可能なカーローン!頭金は必要?

現金一括払いかローンを組むか

車を購入する際、貯金額に余裕があれば現金一括払いで支払うこともできます。

現金一括払いにするつもりの方の中には、値引き交渉の際にそれを交渉材料として使う方もいますが、販売店としてはお客さんが現金一括払いをすることのメリットは特にありません。

経営状態が著しく悪く、今すぐにでも現金が必要というような状態の販売店であれば話は別かもしれませんが、経営状態が良好もしくは普通な販売店の場合、すぐにでも現金が必要というわけではありません。

むしろ、販売店としてはカーローンを組んでもらったほうがありがたいのです。

提携先である信販会社から手数料が入りますから、その分販売店の利益も増えます。

ディーラーローンの金利は値下げ交渉が可能

カーローンには「ディーラーローン」「銀行系ローン」とあり、前者のほうが審査基準がゆるい傾向にあります。

ただその分、金利が4~10%程度と銀行系ローンに比べると高めに設定されています。

前述のとおり、ディーラーは信販会社から手数料を受け取っていますが、ディーラーローンの金利の高さはその手数料分の上乗せが理由であると言えます。

ですから交渉次第ではその金利を安くしてもらうことが可能なのです。

金利を安くすれば、その分ディーラーが受け取る手数料が少なくはなりますが、それでも車を買ってもらったほうがいいわけなので、交渉が上手くいく可能性もあります。

車を購入する際には車両価格の値引きについて交渉することができますが、その交渉で「これ以上は下げてもらえない」と感じたら、次の一手として金利の値下げ交渉をしてみるという方法もあります。

カーローンの頭金はあったほうがいい?

カーローンは頭金なしでも組むことができますが、高級車を購入する場合などは頭金なしだとそれが審査の結果に影響する可能性があります。

審査の結果には、年収と借入額とのバランスが関係します。

数十万円程度のカーローンであれば、年収はあまり関係がなくなるでしょうが、200~300万円などの高額な借入をするとなると、年収が少なければ審査に通りにくくなります。

またカーローンの返済のことを考えてみても、やはり借入額が少なければ少ないほど安心ですので、まずは頭金を捻出できるだけの額を貯金し、それから車を購入するという流れにするのも得策でしょう。

しかし、いくら貯金が大事とは言え、例えば400万円の貯金をすべて新車の購入費用に充てるのは得策ではありません。

現金一括払いに無理にこだわる必要はありませんから、カーローンを上手く活用しながら新車の購入計画を立てていくといいでしょう。

もし貯金が400万円あれば、その半分か3分の1程度をカーローンの頭金とするといいのではないでしょうか。

カーローンのシミュレーション

今度初めてカーローンを利用するという場合は、総額どれくらいの額を支払うことになるのかといったことが不安になることもあるはずです。

そんなときには、カーローンの返済額シミュレーションを利用してみてはいかがでしょうか。

返済額シミュレーションを利用することで、利息がどれくらいかといったデータを知ることができます。

カーローンを組む際にそういった説明があるかもしれませんが、事前にそのおおまかなデータを知れば、新車購入計画も立てやすくなるはずです。

またカーローンの返済では、ボーナス返済もご利用いただけます。

ボーナス返済を利用すれば借入期間を短くできますから金利の節約にもつながります。

返済額シミュレーションでは、ボーナス返済を含めた上でのシミュレーションも可能になります。

ご希望の返済計画に応じて、シミュレーションを上手に活用していきましょう。