未成年者のマイカー購入、ローンは組める?

fa439737f0a17925c283db07c6c8c0ed_s

未成年者がマイカーを購入する場合

未成年のうちからマイカーを購入する機会は案外あるものです。

交通手段として車が欠かせないような地域だと、高卒で働き始める際に通勤手段としてマイカーが必要になるケースやマイカーで大学などに通うといったケースがあります。

しかし、民法には“未成年者が法定代理人の同意を得ないで行った法律行為は、取消すことができる”という決まりがありますので、未成年者が車を購入する際には親を連帯保証人として契約手続きをすることがほとんどです。

また、法定代理人である親の承諾があった場合は、親戚などを連帯保証人にすることもできます。

連帯保証人はどんな人でも構わないというわけではなく、審査が入るため、親が自己破産を経験しているといった事情があると、連帯保証人として認められない可能性があります。

そのような場合は、親戚などが代わりに連帯保証人となります。

未成年者のカーローン

車を購入する際には、カーローンを組むことが多いです。

したがって未成年者が車を購入するにしても、カーローンの必要性が出てきます。

ですが当然、カーローンを組むからには審査に通らなくてはなりません。

カーローンの種類もさまざまですが、いずれにしても審査不要ということはありません。

審査では年齢や年収、勤続年数などがチェックされるので、たとえすでに社会人だったとしても未成年ですと勤続年数が短いため、審査に通らない可能性が高まります。

社会人でもそういった可能性が高くなるということは、学生ですとカーローンはまず通らないと考えられます。

ただ未成年の社会人や学生でも、一定の収入があれば消費者金融などからお金を借りられる可能性があります。

しかし消費者金融は金利が高いですから、無理に消費者金融を利用してマイカーを購入するというのは得策ではありません。

親ローンを利用すれば金利ゼロ

カーローンを組むことが難しくなる未成年がマイカーを購入する際には、親が購入費用を立て替えるというパターンが多くあります。

そして後から親に対して返済を行っていくのです。

そういった返済の形は「親ローン」なんて言われ方をすることもあります。

この親ローンなら審査もいらないですし、おそらく金利はゼロになることが多いでしょうから、カーローンを組むよりもお得です。

未成年のうちから自分の車を持つ場合は、必要に駆られて車を持つことが多いはずですから、親御さんとしても金銭的な援助をしてくれる可能性は高くなります。

中古車であっても商品によっては購入費用が高くつきますし、未成年であれば貯金額もたかが知れてるでしょうから、新車・中古車に限らずマイカー購入時には親御さんやお爺さんお婆さんなどからの金銭的援助がなされることが多いです。

未成年者であれば格安な中古車が狙い目

未成年者ということは、免許取得からまだ日が浅いということなので、マイカーが必要になったとしても親御さんから「中古車にしなさい」と言われることが多いはずです。

よほど裕福なご家庭でもない限り、免許取得したての未成年者に新車は与えません。

運転歴が浅いと車を擦ったりぶつけたりという可能性が高くなりますから、そうなることを想定して中古車を選ぶことがほとんどです。

中古車の相場は中古車情報サイトなどで調べることができますので、できるだけ安く中古車を手にしたいというときには相場のリサーチを徹底して行なうといいでしょう。

また場合によっては、中古車を譲り受けることもあります。

そうすれば金銭的な負担が一切ない中で中古車を手にすることもできるので、マイカーが必要になった際には親御さんなどとよく相談して、どのような形で車を手にするか決めるようにしましょう。