リスク細分型自動車保険を知ろう!

f9bb624fa22bbde61f8d3249348857c4_s

リスク細分型自動車保険とは

自動車保険の保険料を算出するにあたり採用されることが多い「リスク細分型」というシステム。

このリスク細分型自動車保険は、一人ひとりの事故リスクに応じて保険料を算出するというものです。

その算出にあたっては、以下の項目がリスク要因として捉えられています。

1.年齢

2.性別

3.運転歴

4.営業用、自家用、その他の車の使用目的

5.年間走行距離、その他の車の使用状況

6.車の種別

7.車の安全装置の有無

8.地域

9.車の所有台数

これら項目は保険業法施行規則により定められているため、リスク要因が各保険会社によって違ってくるということはありません。

ただ保険料の設定については各社に任せられているため、同じ条件でも保険料に差がでることがあるというわけなのです。

では、どのような人が事故リスクが高い・あるいは事故リスクが低いと判断されるかということ、以下で簡単に説明していきましょう。

・年齢

基本的に若い人のほうが事故リスクが高いと判断されます。

しかし、高齢者による事故などの問題もありますから、高齢者の場合は事故リスクが高い傾向にあります。

・性別

女性に比べると男性のほうが事故リスクが高いと判断されます。

・地域

交通量が少ない、あるいは事故の可能性が低い傾向にある地域ですと、当然事故リスクが低くなります。

・年間走行距離

運転する距離が短ければ短いほど事故に遭う確率は少ないと考えられるため、事故リスクは低いと判断されます。

このように項目ごとに細かくチェックしていき、加入者の事故リスクを考えた上で保険料を決定していきます。

リスク細分型自動車保険の誤解

みなさんの中にも、「リスク細分型自動車保険であれば保険料が安くなる」と思っている方も多くいるのではないでしょうか。

確かに、保険料の均一性というものがなくなったため、リスク細分型自動車保険への変更によって保険料がかなり安くなったというケースもあるのですが、すべてがそうなるとは限りません。

事故リスクが高いと判断された場合は、従来のシステムよりもかえって保険料が上がってしまう可能性もあります。

ですから必ずしも「リスク細分型自動車保険にすれば保険料が安くなる」というわけではありません。

今はまだ事故リスクが高いと判断されても、安全運転を続け運転歴を重ねていけば、いずれ事故リスクが低いと判断されます。

そうすればおのずと保険料が下がっていきますから、とにかくまずは安全運転を第一に優良ドライバーで居続けることを心がけるべきでしょう。

いくら事故リスクが低いと判断される条件を多く揃えていたとしても、事故を起こしてしまえば元も子もありません。

事故を起こせば等級が下がりますから、その等級によっては保険料が大幅に割増されるなんてこともあります。

こうしたことにならないためにも、車の運転を続けるうちは生涯安全運転を心がけていくということを忘れてはいけません。

自動車保険を見直す価値が出てきた

リスク細分型が一般的になってきたことにより、従来は横並びだった保険料に変化が生じました。

たとえ同じ条件でも、保険会社が違えば保険料が違うという可能性も十分にあるわけですので、リスク細分型自動車保険の登場によって自動車保険を比較して見直すことの重要性が出てきたと言えます。

今までは自動車保険の見直しなんてやったことがなかったという方も、この機会に是非見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

一括で自動車保険の見積もり依頼が出せるサイトもありますから、そのようなサイトを利用すれば自動車保険の比較や見直しも簡単に行なうことができます。

車の使い方に変化が出てきたときなどは、特に見直す価値が高いと言えるので、そういったタイミングで見直しを行なうのもいいでしょう。