他人の車を借りる際の自動車保険

5f8bb0ce34344dac8c11f419199c0259_s

車を借りる際に注意したいこと

レンタカーを利用する際には自動車保険についての心配はいりません。

レンタカー会社が自動車保険に加入しているため、もしものときでもそれが適用されます。

しかし、友人などから車を借りる際には自動車保険についての確認が必要です。

借りる車の自動車保険の契約内容を確認し、もし自分が事故を起こした場合などに補償がなされるかどうかを調べる必要があります。

もし借りる人が補償対象外となれば、一切補償はありません。

車を借りる側が自身の自動車保険を使うことは可能なため、自動車保険(任意保険)に加入していればこうした心配は必要ないかもしれませんが、念のため確認しておいて損はないでしょう。

また、もし保険が下りる条件を満たしていたとしても、軽い事故であれば保険を使わせてくれないといった問題が出てくることもあります。

保険金を受け取るような事態になれば、等級がダウンするため翌年の保険料が上がってしまいます。

ですから貸した車の事故は、借りた側の自動車保険で対処すべきという考えになるのも無理は無いのです。

他車運転危険補償特約について

借りた車で事故を起こした場合に注目したいのが「他車運転危険補償特約」です。

これは基本的に任意保険に自動付帯されているものなので、加入者のほとんどは利用可能です。

ですから友人の車で事故を起こした場合は、他車運転危険補償特約を使って補償をすることが多くなるのではないでしょうか。

しかし、他車運転危険補償特約による補償が対象外となるケースもあります。

以下に該当する者が事故を起こした場合は、他車運転危険補償特約による補償ができません。

(1)記名被保険者

(2)記名被保険者の配偶者

(3)記名被保険者またはその配偶者の同居親族

(4)記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

例えば、同居している妹の車で事故を起こしたとしても他車運転危険補償特約を適用させることはできないということです。

また、もうひとつ注意したいのが「他車の利用の仕方」です。

他車運転危険補償特約は、臨時使用の他車運転時での事故にのみ補償対象となるので、長期間借りている友人の車や毎日仕事で使う会社の車などは対象外となります。

もしそういった車で事故を起こせば、その車の自動車保険を使わなくてはなりません。

ドライバー保険という選択肢

基本ペーパードライバーでたまに他人の車を借りることがあるという方は、ドライバー保険に加入するという方法があります。

ドライバー保険は、他人名義の車を運転しているときに起こした事故などに対して補償が適用されます。

またこの保険も、多くの任意保険と同様に1年契約になりますから、よく考えた上で契約をするといいでしょう。

ちなみにもし車を返す際などに保険を解約すれば、残存期間に応じて保険料の返戻金があります。

ただ月割計算によって返戻金を算出するため、ドライバー保険に加入して1週間程度で解約をしたとしても、1ヶ月分の保険料は支払わなくてはなりません。

1日だけ加入できる自動車保険

たまに車を借りるだけという方は、「1日だけ加入できる自動車保険」を選ぶという方法もあります。

車を借りるその日だけ自動車保険に加入するということになるので、保険料は1日500円、車両補償をつけても1,000円程度と非常に加入しやすい料金設定になっています。

また1日だけ加入できる~とは言っても上限が1週間となっているので、状況に応じて加入日数を選ぶことも可能です。

ただこれを年間に何度も繰り返すようだと、かえって保険料は高くつきます。

「車に乗るのが年に一回あるかないか」というような不確定要素を持った方には魅力的かもしれませんが、そうでない方であれば他の選択肢をオススメします。