是非実践したい!?交渉術のポイント!

6bde2306cea2a5df686848ab44625520_s

買取額アップのための交渉術

買取額を少しでもアップさせるためには、車買取業者を比較するということも大切ですが、「交渉」というのも重要な要素になります。

もちろん、交渉は必ずしなければいけないものではないですが、交渉に少しでも興味があるのなら試してみる価値はあります。

しかし、買取額アップを狙うための交渉もやり方を間違えてしまうと、かえって損をする結果になる可能性もあるのです。

それを避けるためにまず意識したいのが「いきなり希望額は言わない」ということです。

よかれと思って「○○万円なら即決なんですが…」と言ったとして、それが相場よりも安い金額であれば、業者としては「しめた!」といったところでしょう。

商売ですから、わざわざ親切に「それは相場よりも安い金額ですよ」などと指摘してくれるわけもなく、そのまま買い取られてしまいます。

車買取業者は、最初は相場よりも安い金額を提示することが多いので、2段階で金額アップを成功させることができれば、相場よりも高い金額で買い取ってもらえる可能性が高まります。

そのためにはまず、最初は査定金額に納得できない素振りを見せ、「他の業者からも査定してもらうので…」といったニュアンスの言葉を伝えましょう。

そうなると業者としては、多少金額をプラスしてでもウチに売って欲しい!という気になります。

そこで最初の金額アップが成功するのです。

一度金額アップが成功すると、「ではそれでお願いします」と言いたくなりますが、相場を上回る結果を狙うのであれば、ここで最後のひと押しが必要です。

「他社さんは○○万円でしたけどね…」と、金額アップ後の額から1割程度高い金額を伝えるのです。

交渉ではいきなり自分の希望額を伝えるのはNGですが、こうした流れを経ていれば具体的な金額を伝えるというのも効果的です。

もちろん、こうした交渉がすべて成功するとは言えませんが、「なるべく高く売りたい」と考えているときには是非試してみてください。

車の良いところをアピールする

さてここからは、上記とは異なるアプローチでの交渉術について紹介していきます。

車査定を成功させるためには、できるだけ車の良いところをアピールしていくことが大切です。

査定では「加点対象となるところはどこか?」ということより、「減点対象となるところはどこか?」という部分が特に注目されるため、こちらから積極的にアピールしないと車の良いところが伝えられないなんてこともあります。

そうなると、せっかくの魅力を評価されないまま査定終了ということになってしまうので、そうならないためにもアピールは大切です。

そのアピール対象となるポイントとしては、以下の様なものがあります。

・定期点検を受けたことを証明する「整備手帳」

・禁煙車であること

・修復歴ゼロが証明できるもの

・車内を土足厳禁にしていること

・タイヤの交換頻度が低いこと(丁寧な運転のアピールにつながる)

・純正品パーツも所持していること(社外品パーツを利用している場合)

このほかにも、自分でアピールできると思うポイントであればどんどんとアピールしてみてください。

それが車査定にどう影響するかはわかりませんが、交渉を良い方向に進ませるためには「ダメ元」の精神も重要です。

そして交渉の際はなるべく低姿勢で人懐っこい物言いを心がけましょう。

「何でももっと高くならないの?」というような態度を取る利用者は多いため、そのような利用者に対するあしらい方を心得ている担当者は多いですが、低姿勢で人懐っこい態度の利用者には慣れていない担当者も少なくありません。

ですからそういった、ある種のウィークポイントを突いて交渉に臨んでみてはいかがでしょうか。