改めて知りたい自賠責保険と任意保険

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s

加入義務のある自賠責保険

自動車保険は、「自賠責保険」「任意保険」とに大きくわけられます。

そこでまずは、自賠責保険について説明していきます。

自賠責保険は、「強制保険」と言われることからもわかるように、自動車損害賠償保障法により加入義務があります。

ですからすべての自動車が加入していなければならないのです。

もし自賠責保険に加入していないことが発覚すれば、“1年以下の懲役または50万円以下の罰金”、“免許停止処分”により罰せられます。

また、自賠責保険証明書を車に備えておかないこと自体も罰則対象となり、その場合は30万円以下の罰金を支払わなくてはなりません。

このように未加入などに対して厳しい罰則を設けている自賠責保険は、交通事故の被害者となった方への救済を主な目的としています。

しかもそれも相手方の身体に対しての補償のみということなので、補償範囲は限定的と言えます。

つまり、相手方の車が壊れたときや自分が怪我を負ったときなどは、自賠責保険によっては補償されないのです。

また相手方の身体に対する補償額には上限があるため、それ以上の額が発生した場合は自分で負担しなければなりません。

幅広い補償を備えた任意保険

自賠責保険では、被害者の死亡による損害では最大3,000万円まで支払われます。

しかしながら、重大な人身事故ではそれを上回る賠償金が請求されることも多くあります。

こういった場合、任意保険に加入していれば損害補償をカバーしてもらえます。

任意保険の補償のひとつである「対人賠償保険」は、事故の相手方に対する補償です。

自賠責保険の補償上限をオーバーした場合、この対人賠償保険によって損害金を相手方に支払うことができます。

任意保険の対人賠償保険は「無制限」を選ぶことが多いです。

上限を1億円などに設定する場合もありますが、やはり無制限としたほうが万が一のときには安心です。

次に、任意保険の主な補償として挙げられるのが「対物賠償保険」です。

これも相手方に対する補償で、相手方の車や物などに損害が生じれば、然るべき形で保険金が出ます。

なお先程も言ったように、自賠責保険の場合は対物賠償保険自体が存在しないわけですから、もし自賠責保険のみに加入している状態で補償が必要になれば全額事故負担ということになってしまいます。

このほかにも、任意保険の補償としては「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「車両保険」などがあります。

任意保険の加入率はどれくらい?

「車を運転するのであれば任意保険は当たり前のように加入するもの」と考えている方も多いでしょうが、実際のところ任意保険の加入率というのは決して100%に近いわけではありません。

対人賠償・対物賠償への加入率は全国で73.4%(2014年3月末時点)とのことですから、任意保険に加入していない方は案外多いのです。

ただ日本損害保険協会による自動車保険への加入率調査には、「自動車共済」などは含まれていないため、それを含めると加入率は85%程度にまで上がります。

ですがそれでも、任意保険への加入率が100%近くなることはないのです。

ちなみにですが、沖縄における対人賠償・対物賠償への加入率は52.9%と、全国値よりも20%程度低い結果となっています。

そのような環境だと、「任意保険に入るのは当たり前」という考えにはなりにくいかもしれません。

もちろん“任意”保険ですから加入義務はありませんが、もしものときのことを考えればやはり加入しておくべきと言えるでしょう。

任意保険の保険料を高いとみるか安いとみるかはその人次第ですが、万が一のことを思えば決して高くはないはずです。