自動車保険の保険料をお得にするための3つのポイント

d0a188e5c2f5f6b19a954d8d794cadda_s

新規契約割引をフル活用

ダイレクト型自動車保険の割引には「新規契約割引」というものがあります。

この割引を適用させるには、ほとんどの場合WEBサイトからの申し込みという条件があるため「インターネット割引」と言われることもあります。

新規契約割引は、継続契約による割引よりも割引率が高いことがほとんどで、中には8,000円もの割引額を提示する保険会社もあります。

自動車保険の保険料を安くしたいと考える方にとって、ネットから新規契約するだけでそうした割引を受けられるというのは非常に魅力的です。

この割引制度を最大限活用するためには、1年ごとに別の保険会社に新規契約をするという方法が有効です。

それによってまた別の新規契約割引を受けることができるので、それを可能な限り繰り返していけば当分の間はずっとお得に自動車保険を利用できるということになります。

新規契約よりは継続契約にしたほうが手続きは楽でしょうが、ダイレクト型自動車保険の手続きに慣れた方であれば新規契約を1年ごとに繰り返すのもそれほど苦ではないはずです。

ダイレクト型自動車保険を提供する保険会社は多くあるので、新規契約の選択肢は豊富と言えます。

ただあまり知名度のないような保険会社と契約するのは不安という方もいらっしゃるかもしれませんが、そこら辺は契約者本人の自由ということになります。

また、このように毎年保険会社の乗り替えを行なうことによって、年に1回自動車保険の契約内容を見直すタイミングが訪れます。

保険料の節約のためにはこまめな見直しが求められるので、新規契約割引をフル活用することによってこうしたメリットを得ることも可能になります。

年間走行距離が少ない方は保険の見直しを

マイカー通勤をされている方とそうでない方とでは、年間の走行距離に大きな違いが生まれます。

ドライブが趣味といった事情がない限り、当然後者のほうが年間走行距離は少なくなります。

年間走行距離が少ない方というのは、その分事故に遭うリスクが低いと判断されるため、保険料の割引を受けられる可能性があります。

年間走行距離による割引がある自動車保険と新規契約することによって、保険料の節約が実現します。

ほとんどペーパードライバーのような一年を過ごしていた、あるいは仕事をリタイアして車に乗る機会が少なくなったという方は、この機会に是非保険料の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

長期契約によるメリット

自動車保険の場合、1年ごとに契約を更新することが基本となります。

ですが中には、1年プランだけではなく、2~3年の契約プランを備えた自動車保険もあります。

そういった自動車保険であれば、長期契約をするという選択肢もでてきます。

もし長期契約をしたとしても、契約年数分の保険料を一括支払いしなければならないということはないので、負担が一気に増えるという心配はいりません。

この長期契約をすることで、あるメリットが生まれます。

それは、仮に契約期間中に事故を起こしたとしても、それによって翌年の等級が下がらないということです。

3年プランで契約すれば、その3年がひとつの契約になりますから、もし等級ダウンにつながる事故を起こした場合も、等級への影響が出るのは3年プランの契約終了後ということになります。

さらに等級ダウンにつながる事故があっても、契約期間中は事故を起こしていない場合と同等に等級がアップしていきます。

ですからもし事故を起こしたとしたら、長期契約のほうが保険料がお得になるのです。

自動車保険の長期契約というのは、あまり馴染みがないという方も多いでしょうが、このようなメリットもあるわけなので、気になった方は是非チェックしてみてください。