優良ドライバーには保険料の割引がある

1cc6150b5cb4f3bbd97285304370bad5_s

事故リスクの低さと保険料の安さは比例する

過去5年間で交通事故や違反を起こしていない優良ドライバーが、優良運転者講習を受けると、ゴールド免許(優良運転者免許証)を得ることができます。

ゴールド免許のドライバーは事故リスクが低いと判断されるため、自動車保険の保険料割引という優遇措置を受けられます。

自動車保険の一括見積もりサイトでも、申し込みの入力項目の中に「免許証の種類」というものがあります。

ゴールド免許であれば、それによって4~8%程度の割引を受けられ、自動車保険の種類によっては10%以上の割引を受けることも可能になります。

4~8%程度でも割引になれば当然嬉しいですが、10%以上も割引になる可能性があると思うと、ゴールド免許の魅力をますます感じるようになるのではないでしょうか。

このゴールド免許は、ペーパードライバーの方であれば当たり前のように取得できるはずです。

運転する機会がなければ、交通事故や違反を起こす可能性も少なくなるということなので、免許歴が5年を過ぎていれば自動的にゴールド免許になると言えます。

ただし、飲酒運転車両への同乗などを起こしてしまうと、運転者以外でも違反点数がついてしまい、ゴールド免許を取得することができなくなります。

しかしながら、こうした形で取得したゴールド免許も、ゴールド免許であることには変わりありません。

ですから自動車保険における保険料割引というメリットを得ることができるのです。

保険料を安くしたいからゴールド免許の取得を目指すという方はあまりいないかもしれませんが、そうした心がけが安全運転・危険予測につながるのなら、それもいいでしょう。

契約期間中のゴールド免許への変更

契約期間中に契約条件に変更があれば、それにしたがって保険料の精算をすることも可能ですが、仮に契約期間中にゴールド免許への変更があったとしても、保険料の割引を適用させることはできません。

自動車保険の更新時、あるいは契約時に加入者本人がゴールド免許であることが割引の適用条件となるためです。

また、加入者本人の配偶者がゴールド免許であるため、ゴールド免許割引を受けようと契約期間中に加入者の名義を配偶者へと変更した場合も、それによってゴールド免許割引が受けられるということはありません。

一方、免許更新のタイミングと保険の更新とのタイミングに微妙にズレが生じた場合はどうなるのでしょうか。

この場合、保険期間の開始日時点ではゴールド免許でなくても、条件を満たせばゴールド免許割引を受けることが可能になります。

もし、保険期間の開始日時点では免許更新の関係でゴールド免許にならないという場合には、事前に保険会社に問い合わせておくといいでしょう。

ゴールド免許からブルー免許になるとどうなる?

契約期間中に、ゴールド免許からブルー免許へと変更になる可能性もあります。

その場合、ゴールド免許による割引分を返さなくてはいけないのか?という心配が出てくるかもしれませんが、その必要はありません。

保険の更新時にゴールド免許であれば、契約期間中はずっとその割引が適用されるのです。

前述の「免許更新とゴールド免許」による対応は、保険会社によって違いが生じることもありますが、ゴールド免許からブルー免許になったときに対応についてはどの自動車保険も同じですのでご安心ください。

また、今回メインテーマとして取り上げた「ゴールド免許割引」ですが、代理店型自動車保険の中には年齢条件を満たしていないと、たとえゴールド免許であっても割引を受けられないというタイプのものもあります。

ゴールド免許による割引を必ず受けたいという方は、その点も考慮しながら保険選びを行なうといいでしょう。