「ダイレクト型」「代理店型」それぞれの特徴

7ff1344e4672d61bf66afc12322bb946_s

ダイレクト型自動車保険の特徴

テレビ番組のCMの中で「ダイレクト型自動車保険」を取り扱ったものは非常に多くあります。

このダイレクト型自動車保険の大きな特徴と言えば、ユーザーと保険会社とが直接自動車保険の契約を結べるという点にあります。

インターネットや電話などから保険会社に問い合わせ、ダイレクトに契約を結ぶということからこうした自動車保険を「ダイレクト型自動車保険」、あるいは「通販型自動車保険」と言うようになりました。

ダイレクト型自動車保険が注目されるきっかけとなったのが、1998年の保険業法の改正です。

これにより、保険会社それぞれが保険料を自由に設定することができるようになりました。

それからというもの、保険料の安さや簡単に契約ができるといった点が評価され、今ではすっかりダイレクト型自動車保険は当たり前の存在となりました。

代理店自動車保険の特徴

前述の保険業法の改正が行われる前は、自動車保険は代理店自動車保険の独壇場というような状況でした。

この場合、ユーザーと保険会社との間に「代理店」という存在があり、その代理店を通して保険を契約するという形になります。

こうしたことから、このタイプの自動車保険は代理店自動車保険と言われるようになったのです。

ここ最近は、ダイレクト型自動車保険のCMなどをよく見かけることもあって、「ダイレクト型自動車保険は人気で代理店型自動車保険は不人気」というイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかしながら、現在でも自動車保険の主流となっているのは「代理店型」です。

自動車保険契約者の実に9割以上が代理店型を契約していると言われています。

「ダイレクト型」と「代理店型」、どう違う?

ダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険との違いは、いくつかあります。

まず挙げられるのが「保険料」です。

基本的に、代理店型よりもダイレクト型のほうが代理店を通さない分保険料が安くなります。

また、両者では保険の選び方にも違いがあります。

代理店型の場合は、担当者と対面で自動車保険について相談することができ、保険プランや補償の提案をしてもらえます。

代理店によっては自動車保険以外の保険も取り扱っている場合があるため、生命保険などとまとめて契約することも可能です。

一方、ダイレクト型の場合は、保険選びは自分自身で行っていく必要がありますから、「自分でよりよい保険を選ぼう」という気持ちが大切になってくるかもしれません。

さらに、保険加入の手続きについての違いがあります。

代理店型であれば、担当者がユーザーの代わりに手続きを代行してくれるため、自分自身でやらなければならないことはあまりありません。

一方、ダイレクト型の場合、手続き代行のようなことはありませんが、WEBや郵送などから申し込めるため来店する必要はありません。

自分で積極的に動きたい方には「ダイレクト型」

ダイレクト型自動車保険の大きな魅力は、何より保険料を安くできるという点です。

しかしその分、自分でやらなければならないことが増えるのもダイレクト型の特徴と言えます。

ダイレクト型の場合、万が一のときには加入者本人が保険会社への連絡などをしなければなりませんから、そういったことも考慮しながら保険選びを進めていくといいのではないでしょうか。

今まであまり自動車保険選びを真剣にやったことがなかったという方にとっては、車売却がひとつのきっかけになるかもしれません。

車の維持費を少しでもカットしたいというときには、自動車保険の保険料もやはり無視できません。

だからこそ、ネットや一括見積もりサイトなどを通し、自動車保険の知識を得たり比較をしたりしていくことが大切です。