「チャイルドシートあり」はプラス評価になる?

f393b485d7d9761760d8a656c85a66c3_s

物によってはお高いチャイルドシート

6歳未満の子どもを車に乗せるときはチャイルドシートの設置が義務付けられているため、その条件に当てはまるご家庭の車には当然チャイルドシートが設置されています。

車を買い替えるタイミングとチャイルドシートが不要になるタイミングが重なった場合には、そのチャイルドシートを取り付けたまま車査定を受けることもあるでしょう。

その場合、チャイルドシートが設置されていることはプラスの評価になるのかというのが気になりますが、実際はどうなのでしょうか?

結論から言うと、チャイルドシートはプラスの評価になりません。

例外がある可能性もなくはないですが、車買取業者のFAQなどでも「チャイルドシートはプラス査定の要素に含まない」と明言されていますので、チャイルドシートによるプラス評価はほとんど期待できないと言えます。

チャイルドシートはお高いものだと7万円程度することもありますが、そういった場合でも基本はプラス評価は得られないと考えてください。

たとえいくら高額なものであったとしても、わずかでも破損部分があればそれは不要品となってしまいます。

子どもの命に関わるものなため、ほかの製品以上にそのような部分には神経質になります。

チャイルドシート装着車が注意すべき点

チャイルドシートは案外重みのある製品であるため、長期間チャイルドシートを設置し続けていると、その重みによって後部座席のシートが凹むことがあります

車査定はチャイルドシートを取り外して行なうため、誰が見てもわかるような凹みがあったりシートが破れていたりすると、それによってマイナスの評価を受けてしまいます。

また小さなお子さんは食べこぼしが多いので、シートにジュースなどのシミがついていることもあります。

もちろんこれもマイナス評価の要因となりますから、なるべくならシミなどの汚れをつけないように注意したいものです。

こうした汚れというのは、いくらお子さんがやったこととは言え、車好きの方からしてみるとやはり気になることですから、それを防ぐためにも、チャイルドシートの揺れ防止と汚れ防止が両立できるシートなどを活用するといいでしょう。

そうやってあらかじめ汚れへの対策をしていれば、車を買取に出すときでも焦ることがありません。

汚れ対策とこまめな掃除が重要

いくら汚れ対策をしていたとしても、汚れをゼロにすることはできません。

そもそも車内に土足で入り込んでいれば、それ自体が汚れの原因となります。

ですから車内をキレイに保つために、また車買取前にあわてて掃除をしなくてもいいように、普段からシート周りはこまめな掃除を心がけましょう。

お菓子のカスはシートの隙間に入り込みやすいので、掃除の際にはその隙間の中も掃除するようにしてください。

その掃除を怠ると、そこに入り込んだカスが取れにくくなり、掃除が大変になってしまいます。

そうなると掃除のやる気も下がってしまうので、車内の状態がさらに悪くなってしまうおそれがあります。

車内の掃除をあまりしないという方も、車内でお菓子などを食べた後には掃除機などで掃除をするということをなるべく心がけましょう。

またその掃除の際には、チャイルドシートを取り外して掃除をするのもポイントです。

そうすれば普段チャイルドシートで隠れている部分も掃除できますし、シートに凹みなどがないかどうかも確認できます。

こうした心がけを重ねていくことで、比較的キレイな状態の車を買取業者に見てもらうことができます。

車内の状態がキレイなほうがやはり印象もいいですし、シートの凹みなどに関してはそれがないことがマイナス評価を少なくするためには大切になってくるので、チャイルドシートをお使いの方はこういった部分にも気を使っていきましょう。