ボディの凹みやシートの焦げ穴は直したほうがいいの?

11

ボディの傷や凹みは直すべきか

「車買取に出したいけれど、ボディの傷や凹みが気になる…」という方もいるのではないでしょうか。

どんな車でも、多少のボディの傷は仕方のないものですが、その傷が目立つものであったり凹みがあったりすると「査定に響くのではないか」と心配になってしまいます。

現に、当然のことながらボディの傷や凹みが多ければ多いほど、またその状態がひどければひどいほど査定にとってマイナスポイントになります。

そのマイナスポイントを少なくするためには、ボディの傷や凹みを直したほうがいいと単純に考えがちですが、直さないほうがいい場合も少なくありません。

なぜならボディの傷や凹みを直すには「修理費」というものが必要だからです。

ボディの些細な傷であれば市販の商品を使って自分自身で直すことができるかもしれませんが、ボディの凹みとなればそうもいかないはずです。

業者に修理を頼めば、それ相応の費用がかかります。

しかし、車査定においてその費用分のプラスを得られる保証はどこにもありません。

場合によっては修理費のほうが高くつくなんてこともありますから、そうなると修理に出す手間までもムダになってしまいます。

ただ、もし修理費用が1万円程度で済むような場合は、修理したほうが車買取でのメリットを得やすくなります。

修理したことで1万円以上査定額アップすることができる可能性が高まるわけですので、凹みの程度が大したものでなければ、まずは修理業者から見積もりだけでも取ってもらうといいかもしれません。

タバコでシートを焦がした場合

車内で喫煙される方の中には、不注意からタバコの火でシートを焦がして穴を開けてしまった経験をお持ちの方もいるはずです。

そのシートの穴も、当然車査定ではマイナスポイントとなるわけですが、この場合も先ほどと同じように無理に修理する必要はありません。

カーシートを補修するアイテムも販売されているので、それを使って直すこともできますが、そういった方法で直した跡というのはじっくり見るとわかってしまうパターンがほとんどです。

そうなると直したとしてもプラスの査定は見込めませんし、だからと言って修理費を払ってプロから直してもらうというのも考えものです。

言い方はよくないかもしれませんが、ボディの目立つ傷や凹み、カーシートの穴などは、車買取の際には潔く諦めてしまうのもひとつの手です。

それを一生懸命直したところで、それにかかった費用や労力に見合うだけのメリットが得られないケースも多いわけですから、それならいっそのこと諦めて査定してもらったほうが気が楽です。

査定額アップのためにできることを探してみる

もし査定に出す車の状態があまりよくなくても、その他の部分で工夫をすれば査定額アップを見込めることもあります。

例えば、よく言われるのが「車買取に出す時期」です。

その時期によって査定額が変動するケースもあるので、車買取に出す際には是非時期にもこだわってみましょう。

車買取にオススメとされる時期はいくつかありますが、そのひとつが「大型連休の前」です。

大型連休を利用して車を購入しようという方も増えるので、中古車販売店としてはその時期に備えて在庫を豊富に確保しておきたいという狙いがあるのです。

ですから大型連休を控えた時期には、多少査定が甘くなる可能性があるので査定額アップにも期待が持てます。

ちなみに、「大型連休」と言ってしまうとその機会というのは年間で数えるほどしかありませんが、実際は3連休以上でも中古車の需要が伸びると言われています。

ですから大型連休の前まで待てないという場合には、次回の3連休以上のタイミングを狙って車買取業者をあたってみてはいかがでしょうか。