車買取における必要書類や道具

9c31e32846c63ffda788a0cbf518f72e_s

車買取で必要な書類

車買取業者と契約をするにあたっては、さまざまな書類を用意することになります。

契約の際には担当者からの説明もあるでしょうが、前もって必要書類について知っておいたほうがよりスムーズに準備ができるのではないでしょうか。

ではさっそく、以下で必要書類を紹介します。

普通車の場合

・自動車検査証

・印鑑登録証明書

・自賠責保険証明書

・自動車税納税証明書

・実印

・振込口座(口座番号がわかるもの)

・リサイクル券

軽自動車の場合

・自動車検査証

・自賠責保険証明書

・軽自動車税納税証明書

・印鑑

・振込口座(口座番号がわかるもの)

・リサイクル券

このように、普通車と軽自動車とでは契約の際に必要な書類等に違いがあります。

では続いて、各書類について詳しく説明していきます。

各書類等の説明と紛失時の対処法

自動車検査証は「車検証」と略されて言われることが多いものですが、この書類は車内に保管し携帯する必要があるものなので、車買取の契約の際には車内の保管場所から自動車検査証を持ち出しましょう。

もし、紛失したとなれば陸運支局にて再発行手続きを行います。

車検証の再発行はそう時間がかかるものではありませんが、月末の繁忙期などは窓口が混雑している場合があり、再発行までに1時間以上待たされる可能性があります。

ですから車検証が車内にきちんと保管されているかどうかは、車査定に出す前に一度確認しておくと安心です。

次に自賠責保険証明書についてですが、これは別名「強制保険」とも言われる自賠責保険に加入していることを証明する書類です。

こちらも紛失した場合は再発行は必要で、再発行の問い合わせは加入した保険会社に対して行います。

次に自動車税納税証明書についてですが、これは車検を受けるにあたり必要となってくる書類です。

こちらの書類に関しても、紛失したとなれば自動車税管理事務所などで再発行手続きを行います。

普通車の場合、上記のように自動車税納税証明書を用意することになりますが、軽自動車の場合は軽自動車税納税証明書を用意することになります。

軽自動車税納税証明書の紛失時は、区市町村の役所の納税課へと問い合わせて再発行の手続きを行います。

このほかの違いと言えば、実印と認印との違いがあります。

普通車ですと実印を用意する必要がありますが、軽自動車であれば認印の使用が可能です。

実印は印鑑登録を行った印鑑のことで、公正証書の作成や遺産相続など、重要な場面に使用されます。

軽自動車の場合は認印でも可ということですから、むやみに実印を使用しないという観点からは認印を用意したほうが望ましいと言えます。

またリサイクル券は、リサイクル料金を預託済みの場合にのみ必要になります

もし紛失した場合には、自動車リサイクルシステムのWEBサイトにてリサイクル料金の預託状況のページを印刷すれば代用が可能です。

続いて振込口座についてですが、基本的に車の売却代金は振り込みとなるので、振込口座の口座番号を業者に知らせる必要があります。

ですから口座番号を書いたメモなどを持参するといいでしょう。

なるべく用意してほしいもの

上記で説明してきた書類や道具などは契約の際に必要になるものですが、一方では「なるべく用意してほしいもの」も存在します。

それに該当するものは、以下のとおりです。

・整備手帳

・取扱説明書

・スペアキー

・取り外した純正パーツ

これらは、プラス査定になりえるものでもあるため、もし用意できるのであれば用意したほうがさらなるプラス査定に期待が持てます。

車買取ではこのように用意するものが多くありますので、どこに保管してあるかわからないものがある場合にはなるべく早めに準備を開始しておくといいのではないでしょうか。