査定額アップが期待しやすい時期

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_s

車買取にオススメの時期とは?

車買取で理想的な結果を得るためには、車買取一括査定サイトなどを通して各業者を比較するということも大切です。

そしてもうひとつ重要なことがあります。

それは「車査定の時期」です。

引越し料金などと同様に、車の査定額も時期によって変動する可能性があるものなのです。

車を買取ってもらう側としては、高値が期待しやすい時期を選んで車査定に出したいものですが、そこで注目したいのが「3月」という月です

この月間は、新車中古車問わず、車の需要が年間を通して最も高まる時期とされるため、販売店としてはそれに合わせて在庫を確保しておきたいという狙いがあります。

その需要の高まりを見越して車買取業者に査定を依頼しようとするのであれば、1月下旬~2月ごろが査定の理想的なタイミングのひとつと言えます。

そうした時期は、中古車販売店としては3月の書き入れ時に向けて在庫を増やしておきたい時期ですから、いつもよりも積極的な仕入れをする傾向にあります。

ですからいつもなら通らないような査定額アップの交渉も、すんなりと通ってしまうというような可能性にも期待が持てるというわけです。

3月以外にも需要が高まる時期はある

3月以外に新車・中古車が売れやすい時期としては、夏のボーナスが入った後の「9~10月」が挙げられます。

その時期には新車やモデルチェンジを果たした車が発売されることも多いので、ますます購入意欲が刺激されやすくなるというわけです。

中古車の需要も高まる9~10月に合わせて車査定に出す場合も、先ほどと同じようにそれよりも少し前の8~9月にかけてが、査定額アップが期待しやすい時期ということになります。

上記のように、1月下旬~2月ごろに売却するのもオススメではあるのですが、その場合年をまたいでからの売却ということになるので、1年年式が古くなってしまいます。

これも査定額に影響するので、その影響が気になるという方は年明けを待たずに8~9月に売却してしまってもいいでしょう。

もし年明け後の需要が高まる時期に売却しようとしたにも関わらず、そのタイミングを失ってしまった場合、4月や5月などの中途半端な時期に売却するくらいなら、8月まで待ったほうが得策と言えます。

「年式が1年古くなったのだから、早めに手放したほうがいいのでは?」と思われるかもしれませんが、4月まで時期が過ぎてしまうと、その年式の影響よりも4月以降の需要の低下のほうが懸念されるので、もしお急ぎでなければ8月ごろまで待ってみましょう。

結局は売りたいと思った時に売るのがベスト?

車査定にオススメの時期というのは、上記のように確かに存在するのですが、その時期ばかり気にしているのも実は面倒です。

さきほども言ったように、査定にオススメの3月を狙おうと思えば、1年旧式になってからの売却というデメリットになりえる要素を抱えなければなりませんし、かと言って8月~9月に売却しようと思った矢先、売却予定の車のマイナーチェンジが発表されるという、車を売りたい側からしてみればアンラッキーな出来事が起きる可能性もあります。

マイナーチェンジなどが発表されてしまうと、中古車市場としてもやはりニューモデルのほうが評価が高くなりますから、旧モデルということで評価が下がってしまうのです。

こうしたことを考え続けると、「一体いつ売ればいいんだ?」という大きな悩みが生まれてしまいます。

そうこうしているうちにまた一年が過ぎれば、さらに年式が古くなってしまうという悪循環が起きます。

もしそのような悪循環に陥ってしまったのなら、なるべく早めに売ることを心がけましょう。

また、もし最初から売却にオススメの時期に興味がないというのであれば、どうぞ売りたいと思った時にすぐに売ってください。

売りたいと思った時と、たまたま中古車市場の需要が高い時がかぶる可能性も当然ありますから、もしそうなればラッキー!くらいに楽に構えるのもまた良しです。