車買取・下取り・個人売買、それぞれの特徴

kuruma-uru-top-1

車買取の経験がないという方だと、「車買取と下取りってどこが違うんだろう?」と思うこともあるかもしれません。

まず車買取の場合、取引先となるのが車買取業者です。

その業者から車を査定してもらい、査定額を現金として受け取ることができます。

つまり、車を現金に変えることができるのです。

一方、下取りは、自動車販売店で行います。

査定してもらうのは車買取と変わりありませんが、下取りの場合はその自動車販売店で新たに車を買うことが前提となるので、車の査定価格を現金として受け取ることはできません。

車の購入価格から、その査定価格分を割引するという形になります。

このように、車買取と下取りは似ているようで違うものなのです。

どちらが良いかは人ぞれぞれですが、下取りの場合は必然的に次回も車を購入することになるわけですから、「車を手放す」ということになった場合は下取りではなく車買取を選ぶことになります。

車買取と下取り、どちらにするかの決め手となるのは?

一昔前なら、車の買い替えの際には下取りを選択することがほとんどでした。

しかしここ最近は、車買取への注目度も高まっています。

車の買い替えを予定しているのであれば、下取りを選んだほうが査定と車の購入とを同時に済ませることができ負担が少ないですが、「どちらがお得か」で言えば、それは車買取のほうに軍配が上がることがほとんどです。

つまり、車買取業者のほうが高額査定を狙いやすいということになります。

新車販売を専門とするディーラーは中古車市場に詳しくありませんから、今中古車市場でどういった需要があるのかを即座に把握することができません。

ですから、本当は中古車市場で需要がある車種であるにも関わらず、正当な査定をしてもらえないといった問題が出てくるため、それが車買取との査定額の差につながります。

一方、車買取の場合は中古車販売に精通した業者が担当するわけですので、今どんな車が中古車で売れやすいかといった要素を査定額に即座に反映しやすくなります。

また中古車の販売ルートを見てみても、車買取と下取りとには差があります。

前者の場合、カーオークションの流通網などを構築していますから、幅広いネットワークを駆使して中古車を販売することができます。

後者の場合、下取りに出したディーラーの系列である中古車展示場での販売ということになりますので、販売ルートがどうしても限定されてしまいます。

販売ルートを幅広く持っているほうが在庫の動きもよくなりますので、結果的にそれが高額査定にもつながりやすくなります。

個人売買という選択肢も

車買取、下取りのほかにも、車を売却する方法としては「個人売買」という方法があります。

この個人売買は、友人や親戚同士などでの直接的な車の売買を指します。

業者を介さないため手数料を支払う必要がなく、高く売れた場合はその分手元に残る金額が増える可能性もあります。

ただ、親しい間柄の人に対して車を売る場合、中古車市場での買取価格がそのまま適用されるということはほぼないでしょうし、安く買い叩かれるなんてこともあります。

また、書類手続きがしっかりと行えていないと、それが影響してトラブルに発展する可能性もありますから、個人売買を行なう際にはその辺もきちんとしておかなければいけません。

このほか、最近ではインターネット上のサービスを利用して車の個人売買を行なうケースも出てきています。

車の個人売買のためのサイトなども登場しており、そこに登録すれば不特定多数の人に対して自分の売りたい車をアピールできます。

一言に車 売るといっても色々と考慮する必要があります。ただこの場合も先ほどと同様に思わぬトラブルに発展する可能性がありますから、信頼できるサイト、そして信頼できる人物に売却できるようにしていきたいものですね。

車買取前の洗車や車内掃除の必要性について

車買取業者に査定をしてもらう前には、洗車は必須というわけではありません。

ですから面倒だと感じれば洗車をしなくてもいいでしょう。

ただやはり、洗車がしっかりとしてあったほうが査定士にとって好印象であることは間違いありません。

洗車がきちんと施されたピカピカの車には、査定士も「大事にお乗りになっていたのですね」というような言葉をかける場合もあります。

そうした部分が車買取に良い影響を与えられる可能性はあるでしょう。

しかし、いくら洗車を念入りにしたからと言って、それだけで査定額が数万円もアップするということは考えにくいです。

ですから洗車は簡単に済ませておくだけでも結構ですし、ワックスがけまでは必要ありません。

「ワックスがけをしておきたい」「ワックスがけが好き」というのであれば話は別ですが、そうでないならできるだけ手間を少なくさせられるような選択をしていきましょう。

ボディの傷が多い車は洗車は逆効果になる可能性も

ほとんど使っていないような車を車買取に出す場合は別として、それなりに使っている車を車買取に出すのであれば、ボディの傷はある程度は仕方のないのことで、その点は査定士も理解しています。

しかし、他と比べてボディの傷が多いと思えるような車の場合、洗車をするとかえってその傷が目立ちやすくなります。

ですからあえて洗車をせずに、そして雨や曇りの日を選んで車買取に出したほうが、視覚的なトリックでボディの傷を見落としやすくなるという効果を期待することができます。

ただそうは言っても、あまりに汚い車は査定するほうもゲンナリとしてしまいます。

いくら中古車市場で需要が高い車種であっても、汚れが酷いと高値をつけようという気が薄れてしまうかもしれません。

車買取前の洗車というのはある種のマナーのようなものですから、汚れが酷いと感じるのであれば、いくらボディの傷が多くても軽く洗車をしておくのがオススメです。

車内の掃除や消臭もしておくのが無難

普段から車内美化に努めている方であれば別ですが、そうでない場合は車内というのは結構汚れています。

基本的に車内には土足のまま上がりますから、車内の床のほうには土汚れなども溜まりがちです。

また、車内で飲食をすることが多い場合は、シートの隙間などに食べかすなどが落ちていることもあります。

そのような車内の汚れも、できれば掃除でキレイにしておきましょう。

車内の掃除も先ほどの洗車と同様に、直接査定額アップにつながるわけではないですが、やはりやっておいたほうが無難でしょう。

ハンディタイプの掃除機などを使えば、車内の掃除は簡単にできますので、時間的余裕があまりないという方でも安心です。

次に車内の消臭についてですが、これもできる範囲で構いません。

中古車として販売する前には当然プロが消臭しますので、査定前に完全に消臭する必要はないですし、また完全な消臭はおそらく不可能です。

車内の消臭に関しては、車内でタバコを吸わない方や車内のニオイが特に気にならない方はほとんどしなくてもいいかもしれません。

消臭スプレーを吹きかけるくらいでいいでしょう。

一方、車内でタバコを吸う方は要注意です。

シートや車内にタバコのニオイが染み付いているわけですので、まずは置き型の消臭剤などを使い、じっくりとニオイを取ることを心がけてください。

ここで注意してほしいのが「香りでごまかさないようにすること」です。

タバコのニオイがするよりはいいからという理由で香り付きの消臭剤や消臭スプレーを使う方も多いですが、香りでごまかしてもあまり意味がありません。

それよりもやはり、自分のできる範囲でタバコのニオイを取るように工夫していくことが大切です。